マーケティブ

BLOGブログ

【ブログ】WEB在庫不足は負の連鎖を生む?!

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s

ブログをご覧頂きありがとうございます。

本日のテーマは、「WEB在庫不足による負の連鎖」についてです。

 

日々の販売活動において、どのくらい先々まで睨みながら販売しているでしょうか?

多くの地方旅館さんで見られる事例としては、団体やメディア系に在庫を多く投入し、

WEB用に在庫提供できていない施設さんをよく見かけます。

 

もちろん、売上を作っていくには、団体やメディア系も必要です。

やはり、多少単価は低くても数が取れ、その現金収入はホテル・旅館経営には必要です。

 

しかし、その販売方法で売上を最大化できているでしょうか?

 

ある一部の売上を作るために、どれだけの在庫を無駄にし、どれだけ経営を悪化しているか。

 

そして本題です。

 

WEB在庫不足が引き起こす売上低迷現象をご存知ですか?

 

団体やメディア系の売上が良い時は、WEBの売上が大幅に下がっていませんか?

 

それはなぜか?

 

楽天トラベルさんしかり、じゃらんさんしかり、各々OTAには検索順位というものが存在します。

 

これは、売上に大きく影響するものです。

わかりやすく言えば、検索結果が1ページ目の一番上と2ページ目の一番下では、

売上は数十万〜数百万と簡単に変わってしまいます。

 

この検索順位決定ロジックは、各OTAごとに違いますが、大方、売上が関係します。

 

それはどれだけ在庫を提供しているかということに繋がります。

 

つまり、在庫を提供しなければ、検索順位は落ち、その結果、売上が嫌でも低迷してしまうということです。

 

こういった負の連鎖が起きることを認識した上で、在庫提供しているでしょうか?

 

よくあるパターンとしては、

閑散期の売上をあげるために、闇雲に団体やメディア系の設定を多くいれ、

その結果団体・メディア系の売上は上がったものの、WEBの検索順位低下による

大幅売上減に陥り、全体売上も前年割れ・・・なんてシーンをよく見かけます。

 

こんな状態は、「3ヶ月先」まで影響を与えることはよくあることです。

一時期の閑散期のために、先何ヶ月まで売上減少させてしまっているかもしれない。。。

 

最近WEBの売上がよくないな・・・

なんて感じているホテル・旅館さんは、是非検索順位の推移をよくチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

CLOSE
TOPへ戻る