マーケティブ

BLOGブログ

【OTAの最近の動向】大手旅行会社離れによるOTA競争激化の構造

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s

今日のテーマは、「大手旅行会社離れによるOTA競争激化」の問題について。

 

最近OTA(オンライントラベルエージェント:じゃらんnetや楽天トラベルなど)の売上が

前年実績を割り込むホテル・旅館が多く見受けられます。

 

皆様もそう感じられていませんか?

 

実はそんな現象には大きな理由があります。

 

特に200室以上規模の低価格帯の宿泊施設では、「大手旅行会社離れ」が加速しています。

というのも、大手旅行会社に提供している「在庫(お部屋)」の多くが売れていません。

 

それは言うまでもなくユーザーの旅行商品購入経路が「ネット」にシフトしていることは

皆さんもご承知の通りかと思います。

 

それゆえに、これまでの「販売戦略(大手旅行会社中心の販売)」を変えざるを得ない状況です。

 

特に客室数の多い地方旅館では、

「OTA」というのは、大手旅行会社で売れないものを「直近で売る」という

補完する販路として考えている宿泊施設がまだまだ多い傾向です。

 

そのため、

いわゆる特日(休前日や連休など)は、OTAでは販売している地方旅館は少ないのが

これまでのOTAの状況でした。

 

それが一転、「大手旅行会社売上不振」のため

その在庫が一気にOTAに流れはじめ、OTA内の競争が激化しています。

 

それは価格競争を意味します。

 

これまで通りOTAで販売していた宿泊施設が、

前年割れを起こし始めているのは、このことが大きな要因の一つです。

(大手OTAは、1ケタ台ではありますが、全体ではまだ前年割れはしていません)

 

ではこんな状況を打破するにはどうしたら良いのか?

 

それは、「自社販売の強化」に他なりません。

 

旅行会社に頼るのではなく、

旅行会社をいかにうまく利用し、そして「自社ネット(公式サイト)」という

誰にも依存しない販路にて、

本来の原点である「自分たちの商品は自分たちで売る」ということを

いかに実践していくかに尽きると弊社は考えています。

 

 

CLOSE
TOPへ戻る